お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

氷を噛む 歯への影響 予防歯科

氷を食べない方がいい って、知っていましたか?

正確に言うと「氷を かまない方がいい」です。

先日、歯医者さんに注意されました。

「氷をかんではいけません。歯にとても悪いから止めてください!」

氷が好きで、寒い冬も食べていましたが、
最近 氷は胃などの消化器官だけでなく
歯にも悪いのではないだろうか?
と思い、歯医者さんに質問してみたのです。

氷をかむと、最悪 歯が割れるそうです。
割れ方に よっては抜歯が必要。

最近、なんとなく 右の歯が浮いたような感じがするので
レントゲンを撮ってもらいました。

レントゲンでは異常はないそうですが
軽度なヒビが入ったくらいでは、レントゲンに写らないそうです。

「ヒビは治りますか?」 恐る恐る聞いてみると

「治りません。」 

そして、そのヒビがだんだん酷くなり、痛みが出ることもあるそう。

今般、目立った所見はないものの、
経過観察で定期的に検診を受けることになりました。

氷が食べたくなるのは、鉄不足が原因という説もありますが、実際のところ良くわかりません。
でも、どうしてもの食べたい人は、氷をかまずに、なめましょう

硬いものを噛んで、あごを丈夫にしましょう、というのは子どもの時(成長期)の話。
永久歯が生え揃ったら、 硬いものは噛まない方が いいそうです。

「よく噛む」は良いことです。
しかし、「よく噛む」ことと、「硬い物を噛む」ことでは意味が違います。
一口30回を目標に、よく咀嚼しましょう。 時間に余裕がないとできませんね。笑

~予防歯科のすすめ~

歯に異常がなくても
丁寧に磨いている人で、最低、半年に1回は歯医者に検診に行ったほうが良いそうです。
歯磨きに自信のない人は、三か月に1回以上なそうです。
自分では落としきれない歯の汚れ、歯垢やこびり付いた歯石を除去してもらいましょう。

歯が痛くなって ようやく虫歯に気が付いたら、それは かなり進行している状態でしょう。虫歯の進度によっては、歯を失うリスクがあります。


一方、虫歯が無いからと言って安心してはいけません。
歯磨きは勿論、歯茎のブラッシングはできていますか?
妊娠中の人や、加齢等で 唾液の分泌量が減ったりして
口腔内環境は悪い方に傾きます。すると、歯茎の状態も悪くなり
歯槽膿漏で歯が抜けてしまう恐れがあります。
歯茎のケアも、歯と同等に重要です!

以上のことから、歯の健康のために 定期的に歯科に通うことをおススメします。
それも、良心的な 歯医者さんに診てもらうことが とっても肝要です!


自分でできる虫歯予防
食事をしたら、時間を置かずに 直ぐ・丁寧に磨く。
歯周ポケットも やさしくブラッシングする。
まめに 口をブクブクゆすぐ。
バランスのとれた食事
良質な睡眠
ストレスを少なくする  等々

今や 人生100年?
一生 自分の歯で食べたいですね。
 

 

 

 

 .

心身の健康

2017.3.13

コメントはこちらからどうぞ


TOP