お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

整える年 ゆとりの空間

今年は夏あたりから 家の「もの」を 大がかりに整理しました。

 

体力的には勿論、精神的にも 苦痛でした。

 

せっかく大切に使ってきたチャイルドシートやベビーゲート・・・その他 諸々

 

欲しい人があれば全部差し上げようと思っていたら

 

機会の無いまま、15年近く過ぎてしまいました。残念です。

 

気が付けば、椅子やチャイルドシートは現在の安全基準に適合しているかも
わからず、そもそもここまで年月が経過した時点で
その役割を果たせるかも疑問でしたので、思い切って処分しました。

 

ジャングルジムとか、ベビーカーとか
かさばる物ばかりだから

車に ぎゅうぎゅう詰めで三台分の荷物になりました

 

だくさん「もの」を処分したお蔭で
納戸は 楽々通れるようになるし

 

仏間はガランとなって、17絃が収納できるようになりました。

 

とても 快適です☆
なぜ もっと早く整理しなかったんでしょう。

 

 

車3台分の荷物をリサイクルショップに持ち込んだので
一日で処分できました。

 

買う時はあんなに高かったのに
売る時は 二束三文 です。
何点かまとめて50円とか、信じられない叩かれようです。
でも、ゴミとして処分する手間を考えたら
この方法が一番ベスト。

 

大がかりな「もの」の整理第一弾から
4~5カ月経ったでしょうか?

 

一つも後悔していません。
むしろ快適にすごせています。
自分が 今まで どれほど「もの」によって
ストレスを受けていたかを知りました。

 

この第一弾がきっかけで

 

充電期間をしばしおき、

 

第二弾、第三弾と続くのでした。

 

年内最後はずっと使うことのなかった
ダイニングテーブルを処分しました。

 

将来、年老いた時、使うかどうかを考えると
造りが重厚なので、膝が悪くなって、力も無くなってからでは
この椅子は重すぎて 扱いにくいと考えました。
ダイニングテーブルが必要になったとしても、
もっとシンプルで軽くて、扱いやすいものにするべきだと。

 

処分するには主人の合意を得ないといけないので
説得が面倒だと数年間 怯み続けていましたが

 

第一弾に後押しされて 笑
思いのたけを伝えたら

 

あっさり「OK」がでました。

 

処分が決まってからは数日で
欲しい人が持って行ってくださり

 

こちらも大助かりですし、差し上げた人にも感謝されるし
本当に 重い腰を上げて良かったと思っています。

 

最悪、ゴミ処分場へ持ち込みの有料処分を覚悟していました。

 

大きな家具を手放すと生活が劇的に変わります。

 

物置場と化して、小さな部屋を占拠していたテーブル
毎日、毎日、目につくのが嫌でした。

 

それがいま

 

空間を有したダイニングには、ほかほかカーペットが敷いてあります

 

そこへは、もう 敢えて 置けても、 置きません。

 

空間のゆとりが、心のゆとりをも生むように感じます。

 

寒い朝、床を温かくして、その上で ぬくぬく 仕事に行く準備をしているお父さん。笑

 

あなたが 一番「ゆとり」を感じているのではありませんか!?

 

 

 

 

 .

断捨離

2017.12.30

コメントはこちらからどうぞ


TOP