お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

東日本大震災

『千年に一度』といわれる大震災が起きてしまいました。

日を追うごとに明らかになる 想像を絶する被害の大きさ。

沢山の方が 震災で亡くなられてしまいました。

そして、避難生活をなさっている多くの方々、

食べ物・睡眠・家族の安否・情報収集・・・

本当に不自由で 不安な生活を送っていらっしゃることと思います。

震災4日目。もう体力の限界でしょう。

食糧の盗難も起きたそうです。
届くはずの援助物資が、 十分に届かないなんて!

食事の配給をTVで見ていたら、
おにぎり1個とバナナ 半分でした。

これだけで、何日も 餓えと寒さをしのぐのです。
育ち盛りの子は、全然足りません。

震災4日目。一刻も早く、十分な援助物資が被災者の方に届いてほしいです。

原発は、大丈夫なのか?
作業員が、次々に怪我を負い、被ばくして帰ってくる。
現状の原発で、作業を強いられる人達。
『決死隊』なんて、恐ろしい呼び名があるそうですが ・・・

でも、誰かが作業にあたらなくてはならない。
これ以上、被ばく者やけが人を出さないよう
十分に注意して作業にあたって欲しいです。

それから、外で、繋がれていた飼い犬たちは、どうなったんでしょう ・・・

考えると涙が出ます。とっても、悲しいです!

生き残った犬たちは、きっと 、もっと もっと
後になってから、ボランティアの方が
里親や、エサなどの募金を募ったりすることでしょう。

阪神淡路大震災の時も そうでした。

当時、私も、少しだけ 母と一緒に協力させて頂きました。 

自分の無力さを感じます。

とにかく、一刻も早く 被災者の方が救済されることを
願うばかりです。

未分類

2011.3.15

コメントはこちらからどうぞ


TOP