お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

非常食の管理

みなさんは 非常食を きちんと管理していますか?
私は・・・子どもが小学校 低学年位までは リストを作成して しっかり管理していましたが、
子どもが大きくなるにつれ、いつの間にか忘れがちになっていました。
災害のニュースをTVで見て

そういえば、水や食べもの どうなっているだろう!?

忘れないうちに 確認してみると


水は期限が切れてから 5年も経っていました。お粗末!


流石に 5年も経ったら 飲む勇気ありませんね。危機的な状況にでも陥らない限り…

これらは、水やりに使いました。
これからは 2年ごとに入れ替えて
期限が切れる前に飲むつもりです。

非常食は期限が切れてひと月も経っていなかったので食べました。
白米と 炊き込みご飯です。
双方、熱湯を注いで20分
白米は、しょーじき美味しくないです。
それは以前試食して分かっているので
チャーハンにして美味しく頂きました💛
一方、炊き込みご飯はまずまずの味付けで
何とか 一食分 完食できます。

皆さんも 消費期限の近い非常食は 捨てないで
召し上がることをおすすめします。

災害が起こって、唯でさえ不自由で ストレスが多い中、
食べるものまで 初めて食べる、食べ慣れない非常食だと
更にストレスを感じてしまいます。
非常食がどんな味か知っておくことは 大切なことです。
っと昔、災害に詳しい専門家の人がおっしゃっていました。

とても印象的な話でしたので、今も鮮明に覚えていて、
非常食だけは 買換えの都度、食べていました。
なんといっても非常食ですから、
「おいしゅうございます」と言えるものではないですが、
お湯でふやかすだけの「あんころ餅」は美味しかったな~
これ、7年以上 前の話です。
子どもたちと分け合った あんころ餅の味を 今でも覚えています。笑

ということで、災害は忘れたころにやってくるかもしれません。
定期的に非常食のチェックを!
わが家は、一年に一回、日にちを決めてしましょうか

 

 

 

 

   .

未分類

2018.7.25

コメントはこちらからどうぞ


TOP