お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

地歌三味線:撥ケース    

先日、30年以上使ったお稽古用の

撥(ばち)ケースをリニューアルしました。

今まで、いろいろと思い入れがあって

なかなか買いかえることが、できなかったのですが・・・ 

ケース周りは、糸がボサボサ

おまけに 穴まであき

とどめは、チャックが 開けられなくなりました

もう十分ですよね。ありがとう。お疲れ様でした。

なんだか、淋しいな。

30年以上の付き合いですからね。


そして

今度は マグネットタイプにしてみました。

また、長い付き合いになりそうです。

.

琴爪・柱・糸・メンテナンス

2011.10.8

コメントはこちらからどうぞ


TOP