お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

ガブッとやられました。

土曜日の夜、自転車に乗っていました。

国道にさしかかり、運悪く 赤信号に。

車の騒音に交じって、なんか聞こえる・・・

「ミャ~ミャ~」

声のする方に近付くと、子猫でした。

母猫を呼ぶ声。

ずっと、泣いていたのか声はガラガラ。

しかも、子猫がいるのは ディーラーの広い駐車場に止められた車の下


エサも水も無い。


敷地の周りは、交通量が多く、とても危ない。

親ねこも戻ってこなさそうだし、保護しようと

チーズでおびき寄せ、フェンスの隙間から入れた手で

グッと掴みました。(つかまえた

ところが、予想に反して、ものすごい抵抗。

引っ掻かれそうになるのは、避けたんですが、
子猫をつかんだ その手を

ガブッとやられました。

牙が、指に深くささり、流血。(まずい)

ものすごく痛かった。

すぐに子猫を解放し、血を何度も吸い出して 吐き出しました。


私一人なら、捕獲を とっくにやめていたはず

なのに 子供が・・・

「あの仔は、逃げて嫌がってるから無理だよ。」と言っても

「え~やだ~!」と。


実は、子供の頃、猫をずっと飼っていたので

その習性を十分理解しているはずでした・・・

子供の言うこと、きかなきゃよかった。

子供たちときたら、愛くるしいと思っていた子猫が
捕まえられた途端に豹変して

「ヒャ~!ヒャ~!」ものすごい声をあげて暴れ

あげくの果て、私の指を噛んだので もう ビックリ

流れる血を見て、気持ちは「可哀相」から「憎しみ」に変わったようでした。

家に帰って、傷の手当てをし(強い抗生剤入り軟膏をぬりました)落ちついてから、

子供に言い聞かせました。

「子猫が悪いんじゃないよ。
捕まえちゃ嫌だ!というシグナルを何度も発してるのに
無理に捕まえたから悪いんだよ。
子猫から 寄ってこない限り、無理に捕まえちゃダメだよ。
あの仔は、母猫をずっと待っているんだから、
ママ達が捕まえて、持って帰ったら 二度と 母猫に会えないものね・・・」

「でも、もう母猫は来ないよ。
あそこいたら、死んじゃうよ。」

私も そう思って 捕獲しようとしたんです。

子供達、納得いかない様子でしたが
しょうがないですね・・

今頃 どうしてるかな

未分類

2012.6.25

コメントはこちらからどうぞ


TOP