お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

絵本の読み聞かせ

爽やかな朝です。

今朝は 6年1組へ 行ってきました。

教室に近づくと

まだかな~ まだかな~

と、いくつもの顔が廊下をのぞきます。

そんな様子は、とっても嬉しい。

教室の入口へ近づくと

来てくれたー

と、うれしそうに席へ戻ります。

今日は、チャイムが鳴るまで戸口で待っていようとしたら、
生徒さんに「入って下さい。」と促されました。

読み聞かせを楽しみにしていてもらえるのは
とっても嬉しいです。励みになります。

授業の一環という位置づけなので
大切に読み聞かせをしたいと思います。

                     

教室の中に入ると知った顔ばかり・・・

みんなおおきくなったね

さぁ 読むよ 

あらしのよるにスペシャルから
「ひとりぼっちのガブ」
きむら ゆういち作
あべ 弘士絵

このお話は・・・ 切なくて泣けてきます。
だから 何度も読んで 自分を慣れさせました。

読み手が泣いてしまわぬように・・・

オオカミのガブは、おとうさんのガルルが大好き。

おとうさんは、強くて かっこよくて みんなの人気者。

ガブは、そんなおとうさんが大好きで
いつも真似ばかりしていました。

おとうさんは言います。

「いいか、ガブ。オオカミのオスはな、自分の群や 家族を
 守るためには 命がけで 戦うんだぞ。」

ところが ある日 おとうさんは
本当に 群を守るために 戦い 死んでしまいます。

おとうさんが死んで、毎日 なにをしていいのか分からなくなったガブ。

優しかったおかあさんは、急に厳しくなります。

おとうさんのようにガブに強くなって欲しかったのです。

毎日 毎日 しかられてばかりのガブは とうとう家を飛び出します。

そうだ!友達の群に入れてもらおう。

でも、仲間に入れませんでした。

縦社会のオオカミは、仲間と戦って順位を決めなくてはならないのです。

ガブは、仲良しの友達と 本気で戦うことが出来ませんでした。

ガブは 仲間とも 離れます。

とうとう 帰る場所がなくなって、一人ぼっちになってしまったガブ。

ある日、ガブはたくさんの獲物をみつけます。

「みんなに知らせなきゃ!」

このところ 獲物がみつからず、みんな お腹を空かせていました。

ガブは 必死に走りました。

崖から転がり落ちて 傷だらけになっても
必死に 走り続けました。 
やっとの思いで群に辿り着き
大きな声で叫びました。

「おーい、ポロポロがおかにー 」


誰ひとりガブの 話など聞いてくれませんでした。

さあ、ガブは一体どうなってしまうのでしょう!!

この絵本は、仲間との争いを好まぬ やさしいガブが
自分の気持ちと現実との狭間でゆれ、苦悩するお話です。

優しさだけでは 生きてゆけないオオカミ社会。

それは 人間社会にも 通じますね。

おかあさんの最後の言葉が、ググッと 胸にきます。

おかあさんは、本当にガブを見捨ててしまったのでしょうか?


ハンカチを用意して御読みください。

お気に入りの絵本

2012.9.21

コメントはこちらからどうぞ


TOP