お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

お三味線ケースに一式詰め込んだ時は要注意?

先日の出来事

お弟子さんが焦ったご様子で稽古場へいらしゃいました。

どうやら、お稽古用具を一式忘れてしまった由

お三味線ケースの中に全てしまって、そのケースを忘れてしまったので、何一つありません。(笑)

東京での講習会だったらアウトです(笑)

でも、たまには こういうミスもほっこりします。完璧な人なんていないですものね。

お教室では、全てお貸しして、無事お稽古しましたのでご安心ください。


お忘れ物とは裏腹に

落ち着いて、しっかりした音でお三味線を弾かれていました。

撥の当て方を工夫し、強弱をつけて曲に表情がでるようにアドバイスしました。


「凍える吹雪の感じはどう弾いたらいいですか?」と探求心あるご質問に関心しました。

もう、お三味線を忘れたことなど、お忘れだなぁと(笑)

でも、お帰りになるとき

「あれ?手ぶらで帰るの変な感じですね。」と仰って笑顔がこぼれました♪♪

なんだか楽しいお稽古でした(笑)

☆愛知県岡崎市のお琴・お三味線・地唄教室です。
体験レッスンを行っております♪お気軽にお問合せ下さい。

https://hishidakoto.com/contact/

レッスン・琴・音色・工夫など

2021.8.16

TOP