お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

爪音が悪いのは爪輪が原因かもしれません

先日のこと

お琴の稽古の時、お弟子さんがなんだか弾きにくそうにしていらっしゃいました。

不思議に思ってお爪を確認してみると、爪輪が消耗しグラグラしていました。

だから、しっかりお爪を絃に当てても、十分に音がしなかったのです。

爪輪を新調されたら、見違えるほどいい音がするようになりました。

お弟子さんは、弾き心地の良さにも驚いていらっしゃいました。

爪輪は消耗します。弾き心地が悪くなったら早めに新調しましょう。

琴爪の脱着の時、お爪部分を持たず、輪っかを持つことも大切です☆

勉強会が近くなり、曲に纏まりがでてきたので合奏が楽しいです♪

🌸愛知県岡崎市にあるお琴・お三味線・地唄教室
ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
メールフォームはこちら

レッスン・琴・音色・工夫など, 琴爪・柱・糸・メンテナンス

2021.8.20

TOP