お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

ゴミの分別!!

昨日、「不燃ごみ」の分別を手伝いました。朝 7:00~8:00
あまり、 お役に立てなかったと思いますが・・・

いつも、決まった4~5人の方が分別当番をされていて、(年齢は、60~70代。)
そこに各組持ち回りで1~2人お手伝いをする ・・・ というパターン。

前に手伝ったのは、長女がお腹にいる頃・・・11年も前だ!  
あの時は、きつかった!!12月で、寒いし、お腹も張ってくるし ・・・

今回は、身軽 ・・・ 笑
でも、超寒かった~~~~~

家を出る時、金魚のため水が凍っていたからイヤな予感したんだ ・・・・
おまけに、自転車こいだら「ボコボコ」 ・・・ パンク!!

7:01に現地(公園)到着

「おはようございます! ○○組から手伝いに来ました。何を手伝えばいいですか?」

「わからんだろうから、火にあたっといて!」  (たき火してました)

と、優しい言葉を頂いたものの ・・・
「はいそうですか。」と火にあたることもできず ・・・ 苦笑

4人のおじ様方の作業の様子を見ると ・・・
不燃の袋を開けては、ドライヤーなどの電気コードを抜き取ったり、
フライパンや魔法瓶などを抜き取って、一か所にまとめています。何故だ?
だから、ほぼすべての袋を開けてる感じ ・・・ こりゃ大変だ~

・・・ あれは、不燃ごみに出してはいけなかったっけ・・・?

ライターや電池などは、不燃ごみに出してはいけないんだけど ・・・

「あの~、フライパンは出してはいけないんですか?」

「いいよ。これはね、回収業者の為にやっとるの。
 こうしとかんと、全部さばくってグチャグチャになるから。」

「コードは、銅線が入っとるでしょう。電卓は、電子版が金になるし・・・」等々

・・・・そっ、そうなのか~~~回収業者の為に!それにしても、なんと細かく、大変な作業!!
本当は、不純物を取り除くだけでいいのに ・・・

だから、「わからんだろうから、火にあたっといて。」なんて言ったのか・・・。

7:40 回収業者が古~い軽トラで入ってきた。
男性が降りてきて、回収物を詰め込もうとすると ・・・

「半分残しといたって!」 
とおじ様の一人が言った。

それでも、少しでも多く持っていきたいらしく、半分以上積むと、

「後は、残しといたって!」

・・・他にも回収業者がいるんだな ・・・ その人の事まで、思いやって ・・・

どういう良い人達なんですか~~~!!

こんなに他人を思いやって下さる、心優しい方々がいらっしゃるとは!!!

大変な作業を人の為に、引き受けて下さるような人達だとはいえ ・・・
なかなかできることでは ありません。

雨の日も、風の日も、夏の暑い日も作業してくださる。  
本当にありがたいことです。感謝!!!

作業の合間にも、幾度となく「火にあたっといて!」と言って下さり ・・・

「あんまり近づくと、火の粉が飛んできて、ジャンバーに穴あくで~。」

・・・ 見ると、おじ様方のジャンバーは、穴だらけでした ・・・

「今日は、冷えるで。」

と、短い言葉から伝わる優しさ ・・・ 主人にも聞いてもらいたい・・・笑

また、火を囲んでするおじ様方のトークも面白かった! 為にもなった!

7:55頃

「もういいで!」
と言われ、8:00前だから、申し訳ないなぁと躊躇していると ・・・ (おじ様方は、8:30過ぎまでの作業)

「もういいけど、お姉さん、ちょっとまっとってや~!」

・・・ とお醤油まで頂きました

「お姉さん」とまで、呼んでいただき・・・ 笑

身体は、シンまで凍えましたが、心はポッカポカになれました。

なんだか ・・・ 本当に ・・・ ジイ~ンときました

未分類

2011.1.13

コメントはこちらからどうぞ


TOP