お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

なが~い ・・・        地歌三味線


只今、お三味線で古曲「新青柳」を練習しています。

これが、と~~っても長い曲なのです。

弾けども、弾けども ・・・ 続き ・・
楽譜は、どんどん出てきます

まるで、ブンブク茶釜みたい。(笑)

緩急を何度も、繰り返し ・・・ 歌も長くて、難しいです。

(もう 足がしびれて、立てません・・・)

それでも、やっぱり ・・・古曲が大好き

 『新青柳』 歌詞

されば都の花ざかり 
大宮人(おおみやびと)の御遊(ぎょゆう)にも
蹴菊(しうきく)の庭の面(おも)
四本(よもと)の木陰枝垂れて
くれに数ある沓(くつ)の音
柳櫻をこきまぜて

(中略)

風に漂よふ足もとの
たよたよとして なよやかに
立ち舞う振りの面白や
實(げ)に夢人の現(うつつ)にぞ見ん
實に夢人の現にぞ見る

筝曲紹介

2011.2.26

コメントはこちらからどうぞ


TOP