お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

撥が「ぎしぎし」

また、稽古用の鼈甲撥が

ぎしぎし 言い始めました

前に修理して貰ったのに

この撥、三絃を習い始めた頃からずっと使っています。

何十年も使っているからしょうがないけれど

昔つけた糸道が再発・・・

何度か修理に出しているのだけど

場所を説明しても なかなかわかってもらえず、直らず。修理費もかさみます。

一の絃を弾く時、深く当てる その、その場所!!に付いているんですけどね。

糸道、なかなか見え辛いですから・・・

しょうがないので

もはや 自分で直しています。

私の方法は、100均の爪やすり(目の細かいもの)で 軽く削ってから、あんず油で磨いています。

一応直っているから、良しとしましょう

※真似される方は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

 

 .

琴爪・柱・糸・メンテナンス

2017.8.21

コメントはこちらからどうぞ


TOP