お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

広縁工事①

お稽古部屋の広縁

薄い絨毯を敷いて誤魔化していたけど

そろそろ限界です。

絨毯までもよれてきて動くし、勿論その下は

紫外線で焼けた床材がボロボロ、ベロベロの状態。

よく3年以上このままにしておいたものだと厭きれます。

絨毯をめくってみると ・・・

キャーって言いたくなります。

幸い床本体に傷みはないので張り替えればいいだけなのですが

段差ができてしまうため、この上から張ることはできないようです。

床材を1~2cm剥がして、新しい床材を張り、

パテでならして、クッションフロアを張るそうです。

 

当初、私は丈夫なナショナルの床材を張ろうと思っていたのですが、

業務用のクッションフロアが丈夫だとすすめられて

それに決めました。デパ-トのクッションフロアは素敵ですものね☆

雨で濡れた靴で歩いても大丈夫☆ 家の中だから そんなことはしませんが。笑

 

さて、今日 工事でしたが

思うように進まないようです。

まず、床が丈夫過ぎて剥がせない。

色んな工具の音と

思うように進まない大工さんの落胆する声が聞こえてきて

そわそわしました。

結局、全面剥がすのはあきらめたようです。

ただ、黄色いベロベロの部分を剥がさないと

パテや床材がきちんと密着しないそうなので

今から剥がしにかかるそう。

今日中に工事が済む予定だったのですが

明日も続きます・・・

 

断捨離・片付け

2018.1.20

コメントはこちらからどうぞ


TOP