お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

古曲「黒髪」        琴教室 岡崎

古典曲「黒髪」

歌詞
黒髪の むすぼれたる思いおば 
とけてねた夜の枕こそ
ひとり寝る夜の あだまくら 
袖はかたしく つまじゃと云ふて
愚痴な女子(おなご)の心としらで 
しんと更けたる鐘の声
ゆふべの夢の今朝さめて 
ゆかし懐かし やるせなや
積もると知らで 積る白雪。  


「黒髪」は、唄があってこその曲。

唄を 歌うのって、恥ずかしいかもしれません。

でも、勇気を持って 歌ってみて下さい。

趣きがあって いいものです。

箏の楽しみが、どんどん広がっていきます。


筝曲紹介

2011.12.1

コメントはこちらからどうぞ


TOP