お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

レッスン室の重すぎる引き戸を自分で直しました☆ 

和楽器で音楽を楽しむ岡崎市の琴教室 ♪ひしだ琴・三絃教室♪ です。

以前、稽古部屋の引き戸が重すぎるので、畳屋さんに直してもらったのですが、結局 上手く直っていませんでした。
直したては、まずまず軽くなったのですが、また すぐに重くなってしまって…
お弟子さんが、戸を閉める時に重そうにしているのが申し訳なくて、自分で直すことにしました。

写真は撮りませんでしたが、まず、引き戸を外して(重かったけど、畳屋さんが何度も外して調整するのを見ていたので、なんとか外せました)、ひっくり返し
敷居にあたる部分をサンドペーパーで つるつる になるまで削り、入念に磨きました。
この作業が、引き戸の開閉を軽やかにするために 一番効果があったと思います。
次に

「敷居スベリ」がすり減っていたので、新しく張替えました。

この二つを施しただけで、引き戸の開閉がずいぶん軽くなりました。
私のDIYは、畳屋さんを上回りましたよ!(自己満足)

これで、〇〇ちゃんが戸を閉める時に
「よいしょー!!」と言わないで済むはず?です。(笑)

♪ただ今、ひしだ琴・三絃教室では無料体験レッスン受付中です♪
メールフォームまたはお電話からお申込みください。

メールフォームはこちら

DIY

2021.3.25

TOP