お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

師範講習会 その② 筝      於:宮城道雄記念館

講習会、午前の三絃が無事終わり

お昼休憩
 ・・・ あまり時間がないので、皆さん昼食を持参

私は、半年前の講習会でもお会いした
横浜からいらしてる方と一緒にお昼を食べました。

お会いするのは、これで3回目。
お話しできる時間も 僅かなのに

お筝・三絃を長く続けられ
師範になるまで 努力していらっしゃった方だと思うと

とても近しく、 ご縁を感じてしまうのです。 一方的に

三重や北海道の方とも
また、お会いできました。

皆さん、本当にステキな方ばかりです。
ご誠実で、お優しくて・・
それでいて、しっかりと なさっていらっしゃる。
一本、ピシッと芯が通ってみえますね。

午後は、筝の講習  13時~15時

課題曲 「水の変態」 宮城道雄先生 作曲

箏を教えて頂いたのは

 御   宗  家  牧瀬 裕理子 先生

 箏 本手演奏  多々良 香保里 先生

「水の変態」は、ほんとうに難しいですね。
宮城曲の中でも 難曲・秘曲とされています。

とくに、本手と替手の掛け合い。

瞬きする暇もありません。 速い!

こんなに難しい曲を 今、お会いしたばかりの
大勢の方たちと合わせるんですから、さらにハードルが高くなります。

でも、御宗家先生が 指使い・緩急・間のとり方・唄など
細かく丁寧に教えてくださいました。

本当に感謝の一言に尽きます。

「水の変態」の難しいスクイ爪等も
改善点が見つかりました。 

なかなか完璧に弾くことの難しい曲ですが
教えて頂いた演奏に一歩でも近づけるよう
これからも稽古を重ねていきたいです。

今回は、多々良先生が本手を演奏してくださいました。

このことは、会場に入るまで全然知りませんでしたので

御宗家先生と多々良先生が お二人で登場された時

わぁ~って、とても感動してしまいました☆

水の変態の本手を多々良先生が合奏してくださる

こんな経験、なかなか出来ません。

替手の演奏に、本手の演奏が加わると
花々が次々に咲き乱れるように
筝の音が 美しく 広がっていきますね  

本当に良い経験ができました。 

ありがとうございました。

   
                

日々、色々なことがありますが
お箏・お三絃だけは
これからも ず~っと続けていきたいです。

 

 


.

イベント・アルバム

2012.6.21

コメントはこちらからどうぞ


TOP