お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

秋の例大祭          琴演奏 岡崎市

 

先の日曜日

氏神さまの例大祭で 長男が琴の演奏を無事終えました。

毎年、演奏しながら お客さまを1回はチラ見する長男

お友達も観に来ているから、気になるのはしょうがないけど

去年は、数回は客席を見ていました  そして間違えた

だから、なぜ演奏中に客席を見るのか理由を聞きました。

すると・・・

「お客さんが、ちゃんと僕を見ているか知りたいから。」

ですって!

緊張してるのに・・・ある意味余裕ある

でも、みっともないですからね

「客席が気になっても、弾き終わるまで見てはダメ。かっこ良く 弾いて☆

ミスしても 顔に出さず 上手く前に進みなさい。」とお願いしておきました。

お祭りですから・・・ 早くからお酒を飲んでみえる方もいらっしゃいます

まずまず広い公民館ですので、

後ろの方では 楽しくおしゃべりしているお客さまもいらっしゃるのです

「気にせずに」と言われても ・ ・ ・ ですよね

でも、今年は静かに聞いて頂けて ありがたく思いました。

私は、緊張するタイプで お弟子さんの演奏を観るのも ドキドキなんですが、

ましてや、自分の子ですよ

本当は家で待っていたかったんですけど

そいういわけにもいきませんから、

舞台そでで見守りました。 もう心臓が跳び出しそうでした

でも、弾きはじめると

去年までの長男とは違い、落ちつきを感じました

客席を見ること無く、稽古中の反抗がウソのよう。

背筋をすっと伸ばし、琴を弾く姿は凛々しささえ感じました。

終盤1か所ミスがありましたが、なんとかごまかして弾ききりました。

演奏曲をお伝えしていなかったですね。

「春の姿」です。

秋なのに・・・ すみません。

選曲理由は、依頼された時に ちょうど春の姿を稽古中でしたので。

それから、とても綺麗な節なので(これが一番かな

とにかく、長男が家に居ないということは
練習ができないということで・・・苦労しました。 

難度的には中程度なんですが、少しミスを誘う曲のようです。

稽古では、走るし、特に両手で演奏する所がノーミスで弾けたことがありませんでした。

「もう1回弾いてみて。」といって時計をみると

スイミング出発の時間なんですもの(-_-;) 

本番では いつもミスするところはスルーで、安心した途端

ミスしたことの無い所で間違えてしまいました

曲が進むほど、緊張で身体が硬くなり、左腕が前に十分出なかったみたいです。

とにかく!無事終わってホットしました☆/

                                 

私は、長男の琴の音が好きです。

練習も僅かしかしませんし、上手でもないけれど・・・

その琴の音は、甘く、優しく、大らかで、太い。

なかなか出せる音色ではありません。(親ばかだと思って聞き流して下さいね)

これが人格だったらいいのに・・・

内に秘めたものだと思いましょうか・・・

                    

巫女の舞いをした同級生の女の子が

楽屋で長男に声をかけてきました。

巫女の装束に身を包んで、さぞ!おしとやかな子かと思ったら・・・

大きな声で

「〇〇(長男)!あんた水泳がすっごい速いと思ったら、琴まで弾けんの!?
 何個特技もっとるのー!!?」


その時思いました。

確かに 琴を弾けることは特技だな、と。


音楽よりも塾、邦楽より洋楽、


というので、琴を弾く子供が減ってしまった現代に

琴を弾ける子供は大切な人材です。国の宝とさせ感じます。

子供達には何の自覚もないでしょうけれど・・・


将来、何の役にもたたないかもしれない、教えるのも難儀だけど

こらからも続けていこうと あらためて実感しました。

続けることが大事。
子供だから安易にやめたいと思うことがあるかもしれない。

でも、3歳からコツコツ教えて8年

この大切な時間を断ってはいけないと思いました。

                    

長女は、長男より忙しく、部活・塾・宿題・スイミング等で、すれ違いの生活です。

大切な時期に子供らしい営みはできているのだろうか・・・ と不安になりますが。

水泳も琴も、無理のないように続けて欲しい。そう願うばかりです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

 

イベント・アルバム

2013.10.16

コメントはこちらからどうぞ


TOP