お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

奈良の四季

「奈良の四季」

美しい旋律の弾きやすい曲です。
また、節も覚えやすく、唄も気持ち良く歌えます。

いつも感じること
宮城道雄先生の曲は、 とても上品だと思います。
どの宮城曲をとってみても、美しくて品がある。
どんなに斬新で、どんなに手の細かい曲でもそうだから、不思議です。やはり、内面からにじみ出るものなのでしょうか?

 

「奈良の四季」 は、曲が春夏秋冬で構成されています。

だから、夏っぽさって、爪音ではどう表現すればいいんだろう。
冬らしい歌い方って、どんなだろう…
等々考えながら弾くことができて楽しいです。

 

歌詞を少しだけ紹介します。

「秋」の歌詞 

    斑鳩(いかるが)の  里の乙女は  夜もすがら
 
    衣織(きぬはた) 織れり  秋近みかも 

    一二

      為
      斗

      斗

      斗

 

 
 .へ 
     

 

筝曲紹介

2011.1.17

コメントはこちらからどうぞ


TOP