お電話でのお問い合わせ0564-34-4841

講習会

昨日、宮城ご宗家先生ご主催の講習会を受講するため
東京の「宮城道雄記念館」を訪れました。

課題曲
箏   「さらし風手事」高・低 
講師 牧瀬 裕理子先生

三絃 「青柳」
講師 矢崎 明子先生

講師の先生方の演奏そして御指導等、本当に勉強になりました。

また、当然のことですが
「基本が大切である。」と再認識致しました。

牧瀬先生の力強い爪音とその指使い、目の前で奏でられる その音色

瞬きする間もなく 見入っておりました。

ご指導も お一言 お一言が 大変わかりやすく、勉強になることばかり。

・・・ お品があって、お美しく ・・・

一体どうしたら、あの様になれるのでしょうか・・・

全く、雲の上の存在です。

箏は、朝10~12時

細かく演奏方法(指使い、強弱、間の取り方等々)を指導して頂きました。

途中、高と低パート入れ替え。

実は、私、なるべく後ろで弾きたかったのですが、

場所は番号で決められており、なんと、最前列。

もう、本当に緊張の連続で、汗ダラダラでした。

私が高の時、
先生が
「高、もっと頑張って!力強く弾いて!」とおっしゃって、

とにかく、一生懸命に強く弾きました。(柱が動く~)

身体が、カ~ッと熱くなるー

こんなに強く弾くの久し振りだ。

     感動

大合奏。大きな波のうねりのよう

大勢で弾くのも良いな

箏の講習が終わり、先生にお礼を申し上げる時

とにかく 感謝の気持ちで 胸がいっぱいになりました。

このようにして、教えて頂いたことを、
私は、正確にお弟子さん達に伝えていかなければなりませんね。

日本の伝統音楽を守り、正確に継承していくことの大切さ

       シャキッと襟を正されました。

      (この気持ちを忘れないように

さて、体力の方はというと、午前中でかなり消耗

午後は、1~3時まで三絃。はたして体力・気力は ・・・
 
ご報告は また。・・・ 続きをよむ

イベント・アルバム

2011.6.19

コメントはこちらからどうぞ


TOP